SHIHO

かみさまとのやくそく

突然ですが、みなさんは「胎内記憶」を知っていますか?

2〜3歳の子供に聞くと、胎内のことや出生児の時のことを語ることがあり、
これを胎内記憶と呼びます。

胎内記憶を研究している池上明医師によると、精子だった記憶や、
前世記憶、中間生記憶(受精する前の記憶)を語る場合もあるそう。

この胎内記憶をテーマにしたドキュメント映画「かみさまとのやくそく」は、
様々な子供に生まれる前の記憶について質問しています。
不思議なことに、子供たちの答えはほぼ共通しているんです。

「私たちは何のために生まれるの?」

と聞くと、全員が「人の役に立つために生まれてきた」と答えるそう。
その中で、子供たちが最初に役に立ちたいと思う相手は、両親、特に母親なんだとか。

「人の役に立つ」

これって、人が生きていくうえで切っても切れない重要なテーマではないでしょうか?

人の役に立つことで自分の存在価値を見いだせたり、
自分の存在を喜んでいてくれる人がいるからこそ、
生き甲斐や喜びにつながる。

私は、子供という存在ができたことで、自分が人間としての役割を全うしているんだ、という初めて感じる感情を抱きました。
子供のおかげで、”役に立っている”と実感させてもらえている。

この映画を見ると、親と子供の不思議な関係性に心を打たれます。
今、自分がここにいること、また、子供との出会いに感謝してもしきれない感情に包まれます。

また母親としての自覚や責任感も改めて生まれます。
先日、なにげなく娘に聞いてみました。

「ママのお腹の中にいたときのこと覚えてる?どんなのだった?」と。

答えはとってもシンプルで、

「うん。海!」と一言だけ。

またあるときに、「ママのお腹の前のこと覚えてる?」と聞くと、
空(天井)を指差して「あっち」と一言。

詳しくはわからないけれど、映画同様の世界がきっとあったはずだと思ってしまうのは私だけでしょうか。
この映画を見ると、母親としての子供の見方、育て方にまた新しい視点が加わるのではないかと思います。

子供をもつ親はもちろん、これから子供を産もうと考えている方にも是非、見てもらいたい映画です。

【かみさまとのやくそく HP】

SHIHO

SHIHO

モデル。ファッション雑誌、テレビ、ラジオ、広告など幅広い媒体にて活躍。サーフィン、ヨガを愛するナチュラル派。