EMI

毎日、積極的にグッドアクションしてみよう

みなさま、ONENESS! の理事をしている神田恵実です。
これからこのブログにてメンバーからいろんなグッドアクションを
お伝えして行きますので宜しくお願い致します。

私はオーガニックコットンのブランド、
nanadecorを主宰しているので、日頃から、
エシカルな活動に縁があります。

しかしチャリティに参加したり、
何がボランティア活動をしたりすることだけが、
グッドアクションなのではなく、日常の積み重ねが大きな成果につながる、
そう思うことがたくさんあります。

例えば、コンビニで雑誌を買ったり飲物ひとつ買ったとき。
「袋はいりません!」きっぱりと言うのも素晴らしいこと。
よくコンビニの前で、たった今、入れてくれたビニール袋を捨てて
中の何かを食べ出したり。そんな光景よく見ますよね。
すぐに捨てるなら、もらわなければいいのです。
ヨーグルトのスプーンも、割り箸も、必要の無いものは辞退する。
お金だけではなく、
身の回りのモノを節約することも習慣にしたいものです。

リサイクルも、そんな活動のひとつです。
nanadecorでは、ウエアを作ったときに出る切れはしを
大切に使っています。
お店の照明も残生地を使ってアレンジされたもの。


image
【nanadecor】http://www.nanadecor.com

またスリランカでポーチを作って頂いたりもしています。
また人気アイテムは手縫いのパンティーライナーです。


image
【shop】http://shop.nanadecor.com/?pid=54606255

ナイトドレスの切れはしを使ったふわふわの素材が人気で、
しかも東日本大震災の被災地の支援を願う
<ウィズアス・プロジェクト>のメンバーによる手作り。
私たちは、ウエアの端切れの生地を提供と、お買い求め頂くと、
1セットにつき1000円を東日本大震災被災地支援活動
<ウィズアス・プロジェクト>に寄付しています。

nanadecor では136セットを販売し、136000円を寄付、
プロジェクトとしては昨年まで625000円をいわきと、
南三陸町関連の支援に当てたそうです。

リサイクルから始まる、支援の輪。
身近に探すと、フェアトレードのものや、
チャリティーを織り交ぜた商品がたくさんあります。
そういったものに投資するのも立派なグッドアクション。
皆さんも意識的に、そんな活動に参加してみてください。

image

EMI

EMI

ファッション誌の編集部を経て独立。主宰するJuliette inc.にて雑誌、広告、webサイト、書籍の企画制作を努める。また2005年よりスタートしたオーガニックコットンブランド、nanadecorを通して、心地よいライフスタイルを提案している。