TAMIKO

欧米ラグジュアリーブランドのPRを経て、2007年より、エシカルなライフスタイルを提案するプロジェクトのプロデュースや、企業CSR活動やNPOのPR&マーケィング・コンサルティングを行うNPO法人ソーシャルコンシェルジュを主宰。Good Story, Good Design, Good Quality のバランスの良い、贈る側も、受け取る側も、そして生産者も、 “3方良し”の、みんながHappy になるギフトアイテムのショーケースであるセレクトショップ  & 国内外のDoGood, BeHappy!な活動を紹介するウェブマガジン「DGBH」のプロデュース。そしてチベット族の宝であるヤクのニットブランド「SHOKAY (ショーケイ)」の日本代表も兼務。

TAMIKO

みんなでエシカル・ジャーナリストの卵を支援しませんか?

私が日本代表をつとめている「SHOKAY(ショーケイ)」は、中国青海省のチベット族の貧困問題を解決するためにスタートしたソーシャルビジネスです。チベット族が放牧するヤクの産毛だけを使った、大変柔らかく、肌触りのよりニットブランドです。

image

このSHOKAYを日本にローンチして7年になるのですが、ローンチ以来、本当にたくさんの社会的意識の高いライター、エディター、フォトグラファーの方たちに支えられてきました。その“お返し”ではないのですが、SHOKAYのCSV(Creating Social Value)活動のひとつとして、クラウドファンディングサイト『Makuake (マクアケ)』を使った、エシカル・ジャーナリストの卵を応援するプロジェクトを行っています。

image

8月12日〜18日の日程で、SHOKAYが支援する中国・青海省のチベット族のコミュニティを訪れ、彼らの伝統的、且つサステナブルな暮らしを体験するスタディツアーを行います。
昨今、国内外でたくさんのエシカルなブランドが誕生しています。が、その中で、SHOKAYが単に継続的な雇用や安定した現金収入をもたらすだけでなく、少数民族の伝統的な生活と現代社会とを、ファッションを通じて、いかに絶妙につないでいるかを皆さんに体感いただくツアーです。

image

このスタディツアーに、エシカル・マインドの高いフォト・ジャーナリストの卵に参加していただき、プロのフォトグラファーの手ほどきをうけながら、帰国後のブランドブックの制作や報告会でレポートしていただきます。

image

SHOKAYのソーシャルビジネスのしくみについて、又、自然と共生し心豊かに暮らすチベット族の暮らしの魅力について独自の視点で発表する場を提供し、貴重な経験を積んで頂こうと考えています。

そして将来、SHOKAY のような、社会問題の解決に真摯に取り組む、国内外のたくさんの活動を魅力的に且つ正確に、より多くの人に伝えられるプロの「エシカル・ジャーナリスト」になっていただきたいと願い、このプロジェクトを立ち上げました。

SHOKAYのCSR活動として今回のクラウドファンディングに寄付支援いただくみなさまへの特典としてSHOKAYのさまざまな人気商品を提供しています。寄付していただく方々にもメリットのあるお得なプロジェクトなので、ぜひ一度サイトをご覧ください。

支援の受付は7月30日(水)までです。
ぜひみなさまの温かい応援よろしくお願いします。

クラウドファンディングサイト『MAKUAKE』
SHOKAY プロジェクト詳細はこちらから

中国青海省のチベット族の伝統的サステナブルな暮らしを体験する
SHOKAYスタディツアーは一般参加者も同時募集中です。(7月29日まで)
私もツアー同行しますので、ぜひご一緒に!

image

●昨年のスタディツアーの動画

TAMIKO

「 5月10日(土)は世界フェアトレードDAY !」

毎年5月第2土曜日は、世界中でフェアトレードをアピールする日。
今年は、5月10日(土)。

WFTO(世界フェアトレード機関:World Fair Trade Organization)に
加盟する世界75カ国・約450団体のフェアトレード組織と生産者組織を
中心に、各国、そして日本でも様々なイベントが開催されるようですね。
続きを読む

TAMIKO

大塚特別支援学校の授業参観日

雪の降る2月14日バレンタインDAYの日、
筑波大学付属大塚特別支援学校で
知的障害児教育研究協議会が
開催されていたので、お邪魔してきました。

なぜこのような会に参加したかと言いますと、
もともと、スポーツの力で
障害をもつ子供たちのための支援をしたいと考えていた
東尾理子さん、そしてSHIHOちゃんが
まず障害をもつ子供たちをよく理解したいということで、
一緒に便乗し、うかがわせて頂きました。
続きを読む